妊娠糖尿病とは妊娠中に血糖値が高くなり様々な体調不良に見舞われます。また妊婦さんの8人に1人がかかるといわれているほど頻度の高い病気ですので、充分注意が必要です。それでは妊娠糖尿病の原因と予防方法についてご紹介いたします。

糖尿病で有名なサノフィの市販薬

サノフィとはフランスのパリに本社をかまえる製薬・バイオテクノロジー企業です。
日本ではサノフィ株式会社が東京に所在しており、医療品の開発や製造販売に事業を展開しています。
そんなサノフィが行なっている活動で有名な取り組みのひとつに糖尿病治療があります。
サノフィではインスリンが発見された1921年から2年後にインスリン製剤の発売を開始したことをきっかけに、現在でも糖尿病の治療の活動を広げているのです。
2014年や2015年には他の会社と提携し、新しい治療の開発や啓蒙活動を協力していくニュースが話題となりました。
またホームページでも一般の方を対象とした健康イベントであるヘモグロビン・エー・ワン・シー認知向上運動や国連が定めた世界糖尿病デーに実施された啓蒙イベントの内容を紹介しており、意欲的な姿勢が知られています。
そのため糖尿病の治療薬が数多くあり、膵臓にインスリン分泌をうながす錠薬や筋肉や脂肪といった組織へエネルギーの源でもあるブドウ糖を取り込むように作用して血糖値を下げる目的で使われる注射剤などは有名です。
もちろんサノフィでは糖尿病の治療薬だけでなく、様々な病気を改善する治療薬の開発に力を注いでいます。
皮膚の疾患や高血圧を下げるための錠剤など多種多様ですが、そのなかでサノフィの市販薬といえば鼻炎薬が代表的です。
フェキソフェナジン塩酸塩という成分を含んだ錠剤は鼻水や鼻づまり、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の症状を改善するために使用される市販薬ですが眠気をさそう副作用はなく、集中力の低下を起こしにくく、空腹時にも使用できる特徴があります。
とはいえ、意識のかすみといった副作用がなくとも皮膚炎といった副作用がありますので、市販薬といえど注意は必要です。