妊娠糖尿病の危険

妊娠糖尿病とは妊娠中に血糖値が高くなり様々な体調不良に見舞われます。また妊婦さんの8人に1人がかかるといわれているほど頻度の高い病気ですので、充分注意が必要です。それでは妊娠糖尿病の原因と予防方法についてご紹介いたします。

妊娠糖尿病の原因について

妊娠すると体調が変化して、それまでには無かった病気にかかることもあります。
赤ちゃんのためにバランスのとれた食事をしても、糖尿病になるリスクがあります。
妊娠糖尿病は妊娠をきっかけに糖質代謝異常を起こすことえ、およそ10%が該当します。
症状が軽い人は出産したら戻りますが、出産後も血糖値が高いと生活習慣病の糖尿病になります。
原因は妊娠中に分泌される女性ホルモンです。
食べたものは消化や吸収によってブドウ糖に変化して血液に取り込まれます。
ブドウ糖はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンによってエネルギーとして消費されます。
しかし妊娠するとプロゲステロンというインスリンの働きを抑制するホルモンが胎盤から多く分泌されます。
またインスリンを破壊する酵素も作られるので、インスリンは上手く機能しなくなって血糖値の上昇を止めることができません。
妊娠後期はインスリンが大量に必要で、インスリンの働きが過度に阻害されると高血糖が続き、妊娠糖尿病になります。
妊婦検診でと血糖値を測定し、高血糖の結果が出ると、ブドウ糖負荷試験が行われます。
また妊娠中期と後期ではインスリンが効きにくいので、肥満や家族が糖尿病にかかった人、高齢出産の人は注意しなければなりません。
治療は食事療法と運動療法の2つです。食事ではタンパク質と炭水化物、脂質の3大栄養素をしっかり摂った上で、血糖値を上げやすい糖質を制限します。
運動では食後30分後のウォーキングやマタニティヨガがおすすめです。
妊娠糖尿病を治療しないと、妊娠高血圧症候群や羊水過多、胎盤早期剥離などの母体への影響以外に、巨大児や発育不全、心臓病など赤ちゃんにも悪影響を与えます・

妊娠糖尿病の予防と対策

妊娠してから糖尿病になってしまう妊娠糖尿病は、患者数は妊婦の10%にも上ると言われています。
妊娠すると胎盤から血糖値を抑えるホルモンであるインスリンの働きを抑える酵素や、インスリンを壊す酵素が生成されるため糖を上手く分解できなくなって血糖値が上昇してしまったり、妊娠後期に大量に必要になるインスリンの生成が間に合わなくなってしまうために高血糖になり、妊娠糖尿病になってしまいます。
妊娠糖尿病になると母親にも胎児にも大きな影響があり、出産時に難産になったり、胎児の心臓肥大や心筋症、また先天性の奇形、流産や死産のリスクが高くなってしまうため、妊娠前~予防を行っておきたいものです。
糖尿病の家族がいる、高齢出産、肥満、妊娠してから体重が基準以上に増えた、羊水過多症の人は妊娠糖尿病になりやすいと言われています。
そのため、これらの条件に当てはまる人は特に注意が必用となります。
予防方法としては、普段からバランスの取れた食生活や生活習慣を送るなど、健康的な生活を送ることです。
それにより普段から太りすぎや糖尿病などの予防にもなり、それが妊娠してからの発症を防ぐことにもつながります。
妊娠してからも「妊婦だから赤ちゃんのためにたくさん食べなくては」という考えは捨て、食事内容や運動などのコントロールを行って行きましょう。
つわりなどで一定のものしか食べられないという状況になってしまうこともありますが、糖分を控えめにしてビタミンやミネラルなど、栄養のバランスを考えて食事をしたり、1日の摂取カロリーを守る、スポーツドリンクや果物など、手軽に食べられて血糖値が急激に上がるものを避けるようにするといった対策と予防方法が考えられます。

妊娠糖尿病による胎児への影響

妊娠するまでは健康体だった人が、妊娠したことによって糖尿病になってしまったことを妊娠糖尿病と呼びます。
妊婦の10%程度の人が妊娠糖尿病になっていると言われているほど多くの人がなってしまうものです。
妊娠中には母親の体内のホルモンバランスが崩れがちです。
それにより食べたものが血液中で糖になった際、分解が上手くできなくなってしまうために起こってしまうのです。
母親が妊娠糖尿病にかかってしまうと高血糖になってしまいますが、お腹の中の胎児も同じく高血糖になってしまいがちです。
胎児に多くの糖分が送られるため成長が早くなり、胎児が大きくなりすぎるために出産時の負傷や経膣出産が難しくなってしまうため、難産になりやすくなってしまいます。
また、逆に胎児が発育遅延で生まれてしまうケースもあります。
胎児に多くの合併症があり、心臓肥大や心筋症、低血糖、多血症、奇形などのほかに、流産や胎児の死亡という重篤な状態になってしまうこともあります。
また、無事に出産できても、母親の糖尿病の症状が改善せず、そのまま本当の糖尿病になってしまうこともあります。
治療法としては、一日分の食事を3階ではなく6~7回に分けて食べる分食や、カロリーの制限、運動などの生活習慣のコントロールが行われます。
それでも改善されない場合には通常の糖尿病患者が利用するようにインスリンを処方して使用することにより、血糖値を下げる方法がとられます。
インスリンを利用することにより、カロリー制限によって胎児の成長に影響が出ないようにするためです。
妊娠前から体重が重かったり、妊娠してからの体重増加が著しい、血縁者に糖尿病患者がいる、高齢出産の場合にはリスクが高くなると言われています。

■薬は通販でも安全に購入出来ます
薬 個人輸入